青年部情報

平成25年度、青年部研修会を実施し若手会員の交流が図られたことで青年部推進委員会を設置しました。
若手会員がポリナビ(Politic Navigation Network)を通して看護職の皆さんの悩みについて話し合える環境の提供や政治と政策の仕組みを学び、現場の声を自分達の問題として提起します。情報交換をすることで問題の共有、解消方法(個人として出来る事、職場で組織的に考えること、政治の力が必要なこと等)を検討し、討議やワークショップなどを開催していきます。

青年部推進委員会

 皆様日頃より、富山県看護連盟青年部の活動にご理解とご協力いただき誠にありがとうございます。

 今年度も後半となり青年部の人数も増え、活動も徐々に活発なものになってきました。

 令和元年度青年部の目標として「青年層が看護連盟の活動の意義について理解し、主体的に参加することができるよう活動を行う」としました。

 これまでの活動や今後の計画についてお知らせいたします。

 活動内容

 1 県外研修では参加者に「青年部枠」を設けてもらいました。

    11月19日(火曜日)20日(水曜日)開催 終了  若手看護師 複数名参加 

   JNA会館への表敬訪問、国会議事堂、首相官邸等に行くことで看護連盟の活動から政治を身近に感じることができ関心が高まるような取り組

  みを考えました。

   国会では、参議院本会議の傍聴で緊迫した場面を息をこらえて見ることができました。大変に緊張しましたが貴重な経験となりました。

 2 12月には「若手会員研修会(富山県ポリナビ)」を開催します。看護と政治が深い繋がりがあることを認識できるような研修会にしたいと

  思います。青年部が一丸となり企画・運営を行います。

   テーマは「看護職として働き続けるために」です。さまざまな視点からパネラーや参加者がディスカッションしてもらい、会場の人たちに

  も共に参加できるシステムを検討しながら行う予定です。

   青年層が「自らが参加したい」と感じることができる連盟活動のために、青年部の運営に引き続きご協力よろしくお願い致します。

委員長 盛田大樹

青年部推進委員会
委員長 盛田大樹

事業計画

事業報告

青年部情報